北海道南西沖地震の予知は?

北海道南西沖地震の予知は可能だったのか?「ふくちゃんの地震予知話」というサイトによる予知の方法やジュセリーノ氏は的確な予言ができたのか?霊視・透視・動物・雲・気象現象など、さまざまな方法で予知情報が見られます。地震対策と防災グッズで身を守り、安全安心な避難生活を送り、復興を早期に実現することを願うサイトです。

トップページ 阪神淡路大震災 東日本大震災 北海道南西沖地震 新潟県中越沖地震

スポンサードリンク

  

北海道南西沖地震の予知は可能だったのか?

北海道南西沖地震の予知は可能だったのか?
北海道南西沖地震の予知!

■地震の前にネズミがわき出した

地震の前にネズミがわき出したという話が
平成5年7月の北海道南西沖地震の前に
あったと言われていて、
それを根拠にネズミが地震予知したという説を
唱えている人もいるが、

動物学者は
「春をむかるとネズミが活発に動き出すので、
 毎年この時期にはよく見られるごく普通の現象」
だと言っている。


■帯広の地下水位が変化

道立地質研究所は帯広の井戸(深さ1328メートル)
で温泉地下水の水位観測を続けている。
ここでは地域の温泉くみ上げで毎年約1・2メートルずつ
水位が下がっているが、釧路沖地震(1993年1月)と
奥尻島などを襲った北海道南西沖地震(同7月)の際、
逆に上昇した。
特に南西沖地震ではその約2カ月前から変化し始めた。

同研究所の秋田藤夫・環境地質部地域エネルギー科長は
「地殻のひずみで地下水位は変わる。
 地震の前駆的な滑りで水位変化があったのでは」と前兆の可能性を指摘する。

北海道は、北西に沈む込む太平洋プレートの上にある。
そこで起こる火山と地震、地震と地震は互いに影響している。
50年前の十勝沖地震の2年前から、道内では江差の群発地震、
樽前山や十勝岳の噴火、北見枝幸の地震など
「騒然として異常だった。
 このような現象にも気を付ければ予知につながる可能性もある」
と北大地震火山研究観測センターの本谷義信助教授は語る。



信じるか、信じないかは、あなたしだいです・・・・。

しかし、こういう予言も意識しておいてもいいかもしれません。
そして、防災の準備をしっかり整えて心構えをして欲しいですね。



大地震今なら間に合う簡単予知トレーニング ←←← ■★■★■★■★■★■★■★■★■★■★■★■★■★■★■★■★■★■★■★■★■★■★■ 完璧な地震予知や災害予知などが出来ればいいのですが、 今の科学では、まだ、もう少し時間と研究が必要なようです。 なので、ここは”ふくちゃん”や”ジュセリーノ”のような人の予知力に 期待して、身の安全をはかりましょう! (ペットもいいかも?)  ■奥尻動画■北海道南西沖地震 地震予知特徴マーク うわさの ★地震予知警報機が・・・
 

北海道南西沖地震(ウィキペディアより)

北海道南西沖地震(ほっかいどうなんせいおきじしん)は、
1993年(平成5年)7月12日午後10時17分12秒、
北海道奥尻郡奥尻町北方沖の日本海海底で発生した地震である。
マグニチュードは7.8、推定震度6(烈震)で、日本海側で発生した地震としては最大規模。
震源に近い奥尻島を中心に、火災や津波で大きな被害を出し、死者202人、
行方不明者28人を出した(このため、奥尻島地震とも呼ばれる)。
さらに、ロシアでも行方不明者3人。
震度が推定になっている理由は、当時の奥尻島に地震計が置かれていなかったためである。

■揺れによる被害
島の東部にある奥尻地区では、地震直後に崖崩れが発生、直下にあったホテル洋々荘・森川食堂
などが土砂により倒壊し、宿泊客と従業員41名のうち、28名が死亡した。
その他数か所で崖崩れが発生し、道道奥尻島線などが一時通行不能となった。
フェリーターミナルの方を迂回するしか方法はなかった。

■津波による被害
津波での死者・行方不明者は、奥尻島で島の人口の4%にあたる198人、
北海道本島の島牧村や北檜山町・瀬棚町・大成町(現在のせたな町)などでも死者を出した。

第1波は地震発生後2-3分で奥尻島西部に到達し、
5-7分後には藻内地区のホヤ石水力発電所に到達した。
北海道本土側の茂津多岬付近では第1波が地震発生後約5分で到達している。
津波の被害を最も大きく受けたのは、奥尻島南部の青苗地区である。
三方を海に囲まれたこの地区は、震源より直接到達した波が、市街地でも高さ6.7mに達したほか、
島を回り込んだ波、北海道本土で反射した波など複数方向から津波の襲来を受け、
事実上壊滅状態になった。
地区の人口1,401人、世帯数504に対し、死者・行方不明者109人、負傷者129人、
家屋全壊400棟という被害を出した。このほか、藻内・松江など島の南半の各地区と、
北端の岬にある稲穂地区でも津波で死者が出ている。

奥尻島の各地区における津波の高さ(波高)は、
稲穂地区で8.5m、奥尻地区で3.5m、初松前地区で16.8mに達した。

遡上高は、震源からの津波の直撃を受けた島の西側で特に高く、
藻内地区で最大遡上高30.6mを記録した。


■火災による被害
この地震では、火災も発生した。青苗地区では、津波襲来直後に9件の火災が発生し、
北東からの風速10m近い風にあおられ、瞬く間に燃え広がった。出火原因は分かっていないが、
奥尻消防署の調べによると、午後10時40分頃、青苗北部の旅館がある一角から出火。
さらに、午前0時30分頃にも漁業協同組合の倉庫や食堂が多くあるあたりから出火したという。

延焼が進むにつれ、プロパンガスのボンベや家庭用の燃料タンクが爆発を繰り返した。
さらに、津波による漂流物が消火活動を阻み、手のつけられない状態となった。
そのため、消防団は破壊消防を実施し、延焼の拡大を食い止めた。
その結果、青苗1区の17棟だけは焼失を免れた、
それ以外は火災により焼失したか、津波により流出している。

鎮火に至ったのは、最初の出火から約11時間後で、延焼面積は約5ha、焼失は192棟に及んだ。
火災を直接の原因とする死者はなかった。


「ウォーターサーバー無料レンタル!」 ウォーターサーバー無料レンタル 「【15秒筋トレ】自宅でお金をかけない肉体改造!」
 

スポンサードリンク